脱毛の歴史 | 脱毛おすすめ比較ガイド【全国版】

脱毛の歴史で見る!昔からつづく女性の脱毛

今月のピックアップキャンペーン

脱毛の歴史〜女性の美への追求〜

脱毛は美を意識する女性にとって欠かせないものになっています。

 

脱毛をいろいろ調べるとなると、やはり脱毛の歴史は外せません。

 

そもそもこの脱毛やムダ毛処理は、一体いつごろから始まったのでしょうか。

 

脱毛の歴史は大昔から

脱毛そのものは、考古学的に2万年ほど前の大昔から鋭利な石器や貝殻などを使い、削り取るようにムダ毛を処理していたと推測されているようです。

 

脱毛する理由は様々なようですが、一種の身だしなみとして、この頃から女性の肌は毛が無い方が美しいと思われていたようです。

 

脱毛剤においては、美観や宗教的な目的で紀元前4〜3世紀頃からあり、香料を混入した粘り気のあるペースト状の油脂やデンプンを肌の上で転がして脱毛する方法は、現在も体毛を不浄としている宗教で婚姻の際などに花嫁に用いられています。

 

また、軽石や火山灰を混入した特殊な練り物でも、体毛の切断や除去に用いられています。

 

紀元前3世紀頃にはピンセットまたは毛抜きを用いて脱毛していますので、ピンセットでムダ毛処理の始まりはここですね。

 

またその頃、古代アラビア人は縄を体毛の上に転がして縄目の撚りを利用して脱毛していた。

 

紀元前300?100年頃の古代ギリシアの出土品から青銅製のピンセットが見つかっています。

 

古代ギリシャやローマでも女性は体毛の除去を当たり前にしていたみたいです。

 

クレオパトラも脱毛

あの絶世の美女、エジプトの女王クレオパトラは、今までより脱毛らしい脱毛をしていたようです。

 

エジプトの女王クレオパトラは美容に関しての歴史を調べるとよく登場する人物であり、エステの始まりとも言われております。

 

薔薇の香りの入浴剤や香料を使ったマッサージ・若返りや美肌には欠かせないプラセンタなど、今の時代の女性が美容のためにすることを、この古代エジプトの時代にしていたとは驚きです。

 

日本の脱毛の歴史

そして平安時代の日本では、二枚貝のハマグリの外縁部を使い、額の生え際を整えるために毛を抜いていたそうです。

 

腕や脚では無く、額の生え際を整えるっていうところが日本は遅れてる感が出てますね。

 

まぁ〜文化の違いでしょうけど。

 

ちなみに、額の生え際の何らかの脱毛処理は13世紀頃の英国でも行われておりました。

 

江戸時代になると遊女は特に美容に気を使っていて、手足のムダ毛処理はもちろんですがアンダーヘアーも脱毛処理していました。

 

アンダーヘアは平たくて小さい軽石を2つ使い、それに毛を挟んで擦り合わせて切ったり、線香で焼いたりして処理していたそうです。

 

この処理だと切り口が滑らかでチクチクしないみたいですが、線香で焼くなんて…怖いですね。

 

また、手足のムダ毛処理には、木の実の油と、軽石を細か砕いて粉にしたものを混ぜて脱毛剤を作り、それを刷り込んでその摩擦で毛を脱毛していたそうです。

 

脱毛の歴史のまとめ

ということで、脱毛の歴史に触れてきましたが、いつの時代も女性は美を追求し、綺麗になりたいという思いから脱毛を始め、2万年ほど前の大昔からの脱毛の歴史があります。

 

脱毛は時代と共に進化し、より良い器具と手法が使われ開発されています。

 

脱毛がこんなにも昔から行われていた事を考えると、今の女性が脱毛したいと考えるのもごく自然な事なのでしょう。

 

今の時代なら脱毛サロンで脱毛してもらうことで、それほど痛くなく誰でも気軽につるつる美肌になれます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 両わき脱毛ならここ! VIO脱毛ならここ! 全身脱毛ならここ! 人気脱毛サロン! 家庭用脱毛器はこれ!